プロフィール

 J J

Author: J J
Love: Irish Setter, Shetland sheep dog and wife
Hobby:Piano
Disagreeable:Those who tell a lie, the praised type human being of oneself, monster parents, the selfish person that lacks in consideration or care, those who are calm and do mental abuse, the person toward whom thinking inclined remarkably.
Car:Mercedes Benz is a mere leg.
Piano:I like flipping rather than pulling a piano.
Myself:I'm J J
I am living a wonderful life of coming and going of Takarazuka and Hiroshima.
I do not understand me for who it is.
I may be a creator and a composer.
I wish I can make a living so that other people may not become obstructive.
I would like to become a sea urchin of the bottom of the dark deep sea too... It is since it is delicious.
Although a footprint leaves However, it cannot comment on your Blog easily.
Please forgive.

アイリッシュ・セッター ブログランキングへ

シェットランド・シープドッグ(シェルティー) ブログランキングへ

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
カウンタ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年02月14日 2012年2月14日15時5分 メイ逝きました(涙)

私は、看病疲れで朝11時頃から、13時頃まで、メイの傍で仮眠をしてました。
そしたら、黄色いソファーの上にチョコンと座り、笑顔ではっはっはっと普通のわんこの表情。
おろ?調子ええじゃんけ!やったど、これならひょっとしたら、持ち直すかも?
そのうち、ぴょこんとソファーからおりて、前足ふらついてけんど、玄関を下りて、自分の力で
お庭に出て、おしっことウンチをしました。そのうんちも黄色いウンチに鮮血だったので、
内臓からではないと思って良い方向に向かっていると思いました。
ところが、うん中に「ぅうう~ん」と今まで聞いたこともない唸り声をあげたのです。
それから、ふらふらと玄関に戻り、土間から中には入れなかったので、お尻を持ち上げて部屋の
中に入れてあげました。いつものようにソファーにのり、しばらくしての事どす。
急に咳こみだして、一度はおさまったものの、何か、ゴロゴロゴホゴホ言うような音が咳にまじって
いました。私は背中をさすり、喉元さすってあげたんだけど、すでに、血圧が下がってゴツゴツした
体に、緊張せざるをえませんでした。戦闘準備わできていても、何もしてやれない私は、涙をこらえる
事もできませんでした。吐血を繰り返し、肺の方から体を突き抜けゴボゴボ音が聞こえました。
唇わみるみる白く、チアノーゼを起こしています。盛り上げようと、シャインやルーシーに吠えさそうと
思っても、何か恐れているのか、遠巻きにうろうろするだけです。わかっているんです、ちゃんと。お鼻から血の泡が吹き出し、それを拭いて、肺の位置が高くなるように首の位置が高くなるように努めました。
恐らく今度は、肺の方に腫瘍が破れたのではないかと思った私は気道を確保するようにしたのです。メイが上を向きたがっていました。何度かのけぞった後、栄吉の時と同じように瞳孔がみるみる
開いて行きました。だけども、大声で、「メイちゃーん」「行くよ!お散歩!」って言うと、耳だけ反応します。消えゆく意識の中で、手を振ってくれました。拭いても拭いても、お鼻からの血の泡が止まらなくなりました。ほどなくして呼吸が止まり、続いて1分後に、骨と皮のあばらから心臓の鼓動が消えました。
何も動かなくなったメイちゃん 今までに見たことが無い不思議なメイちゃんがそこに居ました。
2012年2月14日バレンタインデー午後3時5分 メイちゃん これまで、たくさんたくさんありがとう。
29c6f2746e.jpg
朝8時12分の図、まだ、なんとかなるような予感のメイちゃん
0142e019c4.jpg
逝ってから30分後15時35分の図、安らかにねむりぃよ
この優しいお顔が悲しくて溜まりません。メイちゃん大好きどす。
おワイフさんに優しく撫でてもらいました。c4ce6b17ef.jpg


病院から、花束が届きました。b4f8ac4eaf.jpg
自分が亡くなった事を詫びているような苦悩の表情のメイちゃん。c2b00a305f.jpg
ごめんね。そして、ありがとう。
安らかに眠りよ。シャインと同じお花の耳飾りです。
2ff3b8e737.jpg
えりちゃんはお花の先生です。近所のお友達がお手伝いしてくれました。4f1b4ef292.jpg

徐々にお花を埋めてくれます。120214_1808~01
おワイフさん、ユイちゃんリホちゃん、リウちゃん、そして、えりちゃん、映って無いけど、みなみちゃん みんなありがとうございます。

(おワイフさんはインフルエンザA型を発症しているので、全員マスク着用です。ウイルス退治に次亜塩素酸のフミディファイア点けて無菌化しています。)
近所のお友達が集まって、メイちゃんに花束をたくさん作って繰れました。a094dc3b9a.jpg

みんなありがとう。体をいっぱい触ってくりて、お鼻にティっシュを詰めてくれました。冷たく硬くなっていくけんど、彼女らは、メイの大切なお友達です。なので、夜8時過ぎまでお別れを惜しんで一緒にいてくれました。
明日わ、14時から、お葬式です~。
関連記事
CATEGORY:徒然

THEME:犬猫のいる生活 | GENRE:ペット

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

アルバム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。