プロフィール

 J J

Author: J J
Love: Irish Setter, Shetland sheep dog and wife
Hobby:Piano
Disagreeable:Those who tell a lie, the praised type human being of oneself, monster parents, the selfish person that lacks in consideration or care, those who are calm and do mental abuse, the person toward whom thinking inclined remarkably.
Car:Mercedes Benz is a mere leg.
Piano:I like flipping rather than pulling a piano.
Myself:I'm J J
I am living a wonderful life of coming and going of Takarazuka and Hiroshima.
I do not understand me for who it is.
I may be a creator and a composer.
I wish I can make a living so that other people may not become obstructive.
I would like to become a sea urchin of the bottom of the dark deep sea too... It is since it is delicious.
Although a footprint leaves However, it cannot comment on your Blog easily.
Please forgive.

アイリッシュ・セッター ブログランキングへ

シェットランド・シープドッグ(シェルティー) ブログランキングへ

カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
カウンタ

メイちゃん想い出 色々

写真が無いので、メイちゃんの記憶を辿ります。このPCでは、この位しか遡る事ができません。
2010年3月10日 このころは、調子に乗って、イケイケGOGOでした。(恥)
こうしてワン達を乗せて良くドライブしていました。
るーしめい
2011年7月31日まだまだ元気です。車の後ろに、アシスト無しで自分で上る事ができました。
may_110731.jpg
2011年8月31日 神戸モザイクです。メイとシャインを連れてお散歩しました。
~TS3B1610
2012年2月11日 広島の故郷へ戻った時の写真です。この3日後に亡くなるとは、想像もしていません。こうやって、元気にお散歩をしていました。
120211_1230~01
2012年2月13日12:38 12日に、ルーシーとシャインを美容室ミマチでカットしてもらい、夕方家に帰ると、下血した、血の海に腹這いにメイは横たわっていました。それでも、私たちを見ると、元気に起き上がろうとするので、身体を洗って、ソファーに寝かせて、様子をみました。
翌日朝一番で、動物病院トラストへ連れて行きました。診察の結果、止血の手術は極めて不可能に近く、持ちこたえる事ができないだろうとのことでした。今できる事は、自然に止血される事、それと失われて血液成分を補充する事でした。その時の点滴の様子です。
120213_1238~01
2012年2月13日18:23処置を終え、このまま入院すると、そのまま、虹の橋を渡ってしまいかねないので、お家に連れて帰った方が良いです。との先生の言葉通り、連れて帰りました。その時のルーシーさんとメイちゃんの写真です。ルーシーは、メイちゃんの顔をぺろぺろとナメてくれました。
120213_1823~01
2012年2月14日7:38 自分でソファーから降りて、リビングのドアを開けてくれと、、。外に出て、用を足そうとするメイちゃん。あいにく霙混じりの天気でした。
120214_0738~01
用を足している時の事です。ぅうううっと普段聞いた事の無い、苦しそうな唸り声をあげました。しかしその後、玄関を上る時にお尻を支えた以外は自力で部屋に戻りソファーの上で寝ていました。持ち直したのかなぁ。 そして、午後3時近くの事です。急に呼吸が荒くなり、聞いた事もない、ゴロゴロ、ゴボゴボという音が呼吸に混じり始めました。一時止まっていた内臓からの出血が再び、起こったのだと思いました。急に呼吸が荒くなり、私は、メイを抱きかかえました。鼻か血の泡が出始め、これは、大変なことになったと、、、。気道確保の為に、頭の位置を高くしたまま、ソファーの上で抱えていました。15:05メイは最後の5分程の間、死神さんと戦って苦しんだものの、私の腕の中で14歳7カ月の生涯を終えました。
120214_0737~01
メイは2歳まで冬の寒い時も、お外のケージで過ごしました。広島の冬は寒く電気行火付のハウスでしたが、とても寂しく辛かったと思います。ケージの前は、ガレージで、人の行き来も2本足で立たないと見えませんでした。
小学生の楽しい声が聞こえたりしても、ガレージがある故、ふれあう事もできませんでした。これが、私の最大限悔むところなのです。新築でいたずら三昧のメイちゃんを、室内で一緒に買う事を躊躇した結果なのです。これ以外にも、外泊で一人ぼっちの時もありました。犬は人の4倍の早さで年をとります。1日が4日分ですよ。それを4日も室内に放置した事がありました。まぁ、書き出したら、辛くなるので止めますが、本当にかわいそうな事をしてきたと思います。
2012年2月14日17:37近所の小学生の子供達が、メイちゃんの訃報を聞きつけ花束を沢山作ってくれました。余談ですが、この時、笛吹きおワイフさんは、インフルエンザの絶頂期で、皆さんマスク着用で頑張ってくれました(笑)
120214_1737~01
2012年2月14日18:16ソファーベッドに横たえたメイちゃんです。
120214_1816~01
沢山沢山、いろんな事を教えてくれました。ありがとう。また、会いたいよ。
CATEGORY:徒然

THEME:犬猫のいる生活 | GENRE:ペット
アルバム